アートメイク

※現在、『準備中』の為、施術開始しましたら、改めてお知らせさせて頂きます。

アートメイク アートメイク


アートメイクとは、皮膚に浅く針を刺し、色素を注入するメイクです。化粧品を使ったメイクとは異なり、汗で崩れる・落ちることはありません。

※金額は全て税込み表記です。

当院のおすすめ
アートメイク

※只今準備中です。

アートメイクとは

アートメイクとは皮膚の浅い位置(約0.02~0.03mm)まで針を刺し、そこに色素を注入することで、化粧品を使ったような見た目を再現するメイクです。汗などの水分で崩れたり、落ちたりすることはありません。
すっぴんでもきれいな状態を保ちたい、化粧品を使ったメイクの時間を短くしたいといった方におすすめです。また、通常のメイクのように「日によって出来栄えが違う」ということもありません。
ただし、アートメイクは永久的・半永久的なものではありません。月日の経過とともに、徐々に薄くなっていきます。個人差はありますが、持続期間は1~3年です。
当院では、アイブロウ、リップ、アイラインなどのアートメイクを行っております。

アートメイクの
利点・メリット

アートメイクの利点・メリットアートメイクには、さまざまな利点・メリットがあります。

  • 理想的なデザインに仕上がり、かつそれが持続する
  • メイク時間が短くなる
  • すっぴんでも自信が持てる
  • 汗などの水分や摩擦などで崩れない、落ちない(化粧直しが楽)
  • 医療機関で行う医療行為であるため安全性が高い
  • 万が一トラブルが起きた時もすぐに医師に対応してもらえる
  • 1~3年で薄くなるため、タトゥー・刺青と比べて流行を取り入れやすい

アートメイクと
タトゥー・刺青の違い

アートメイク

針を刺し、色素を注入する深さは皮膚の浅い位置(約0.02~0.03mm)、つまり表皮に留まります。
そのため、ターンオーバーによって、徐々に薄くなります。
表皮への施術であることから、真皮層までアプローチするタトゥー・刺青と比べると、トラブル(ケロイド・神経や血管の損傷)のリスクも低くなります。また、アートメイクは医療機関で行われる医療行為であるため、万が一トラブルが発生した場合も、医師による迅速な対応が受けられます。

タトゥー・刺青

針を刺し、色素を注入するという点は、アートメイクと共通しています。しかしその深さは約2mmと真皮層に達します。真皮層でもターンオーバーはありますが、非常に緩やかであるため、デザインは半永久的に残ります。
先述の通り、深くまで針を刺し色素を注入すること、一般に「彫り師」「タトゥーアーティスト」といった医師免許を持たない人によって行われることから、施術時や施術後のトラブルのリスクはどうしても高くなります。

取扱いのアートメイク

アイブロウ_眉

アイブロウ_眉アートメイクの種類

アイブロウ_眉アートメイクの種類

3Dアートメイク

眉毛を1本1本描き、その集合体として眉を作る方法です。
特に、アートメイクだと分からないように仕上げたい方、すっぴんに似合う眉がいいという方におすすめです。


このような方におすすめ

  • 眉のメイクの時間を短くしたい
  • 左右対称の眉をつくりたい
  • スポーツ、サウナなどが好き
  • 眉毛サロンに通うのが大変
  • 眉毛を濃くしたい
  • 手や腕などで眉毛を擦る癖がある

アイブロウアートメイクのデザイン

当院では、3Dのアートメイクに対応しております。
細かなご希望についても、できる限りご対応させていただきます。タイプを決め切れていないという方も、お気軽にご相談ください。また、お気に入りの眉の形などがございましたら、その時の写真をお持ちください。

メンズ眉アートメイクにも対応しています

近年は、男性であってもメイク、アートメイクをする方が増えてきました。特に眉のアートメイクは、目力やお顔全体の印象を左右するため、男性にも人気があります。
眉毛のお手入れやメイクの手間を少なくしたい男性、眉やお顔の印象を変えたいという男性は、お気軽にご相談ください。
現在、経営者の方、営業職の方、飲食業など接客業の方、芸能関係のお仕事をされている方など、幅広くご利用いただいております。

注意事項

  • アートメイク当日は、必ずいつも通りのお化粧をしてお越し下さい‼
  • アートメイク当日は、施術部位を濡らさないようにして頂きたいので、入浴ができません‼
  • また、一週間はワセリンにて保護が必要な為、眉毛のお化粧ができません。

アートメイクの
よくある質問

施術の際、痛みはありますか?

局所麻酔をかけて行う施術であるため、基本的にほとんど痛みは感じません。
>施術中、もし痛みを感じた時には、すぐにお伝えください。
麻酔を追加するなど、痛みを軽減する処置をいたします。

1回の施術で終わりますか?

基本的に、2~3回の施術が必要です。
1回の施術で終えてしまうと、色素が十分に定着しません。
1回目で土台をつくり、2回目・3回目で細かなデザインをしていくのが通常の流れです。

どれくらい持ちますか?また長持ちさせることはできますか?

個人差はありますが、1~3年持続します。
1年ごとにリタッチをすれば、それ以上長持ちさせるということも可能です。

アートメイクをしてもらう日は、ノーメイクで行った方がいいですか?

ご来院の際は、メイクをしたままお越しください。
その際のメイクを、アートメイクのデザインの参考にさせていただきます。

修正を希望しています。可能でしょうか?

可能ですが、現在のデザイン・修正したいデザインによっては、難しいことがあります。
まずは一度、ご相談ください。

アートメイクができないケースを教えてください。

以下のいずれかに該当する場合、基本的に施術ができません。判断に迷う場合には、一度当院にご相談ください。

  • 妊娠中、妊娠の可能性がある方・不妊治療中の方
  • 授乳中の方
  • 施術個所に粘膜疾患のある方
  • 金属アレルギー・ケロイド体質・重度のアトピー
  • 局所麻酔アレルギー
  • 感染症(C型肝炎/B型肝炎/AIDSなど)
  • 心疾患(ペースメーカーを使用されている等)
  • 糖尿病(血糖コントロール不良)の方
  • 重度高血圧
  • 血友病等、止血困難が想定される既往がある方
  • 抗がん剤治療中の方
  • 抗血栓薬を服用されている方

年齢を重ねたら、見栄えが変わるということはありますか?

加齢による皮膚の老化でたるみが生じ、見栄えが悪くなるということはあります。
ただし、刺青・タトゥーと比べると短期間で薄くなるものであるため、色の濃さやデザインを調整するなどして、年齢に合ったデザインにすることが可能です。
もちろん、エイジングケアによって肌の若々しさを保つことも、アートメイクをきれいに見せるために大切になります。

アートメイクが落ちやすいのは、どんな人ですか?

アートメイクは、皮膚のターンオーバーによって、徐々に薄くなります。
そのため、激しい運動をする人、サウナ・温泉によく行く人、汗っかきの人など、代謝が良い人や代謝を促進する生活をしている人は、そうでない人よりも早くにアートメイクが薄くなります。